前へ
次へ

古い住宅地で不動産売却をするとき

住宅地には最近開発された地域もあれば古くからあるところもあります。住宅を建てるときには建築基準法に従わなければいけませんが、基本的に建築時の法律に則っていれば法律違反ではありません。しかし建て替えとなると新しい建築基準法が適用されるのでそれを考慮する必要が出てきます。古い住宅地の不動産売却を検討するとき、セットバックが必要な土地かを確認しておきましょう。住宅に面する道路は幅員4メートルとなっていて、もし不動産売却の時に4メートル未満だと道路の中央から2メートルのところまでは建物などは建てられません。一応自分の土地ですが自由に使えない状態です。不動産売却においては土地のみ、土地と建物の時があり、土地と建物なら売却時はそれほど問題になりません。ただ不動産売却後に建て替えを検討しているときはセットバックを考慮した広さで査定しなければいけないでしょう。不動産売却において今の建築基準法でどうなっているかも考えなければならず、それを知れば不動産売却がスムーズにいきやすくなります。

Page Top