前へ
次へ

不動産売却では営業に時間を取られてしまう

不動産売却では査定が物を言うのですが、やはり査定額が高くなるだけで不動産売却には乗り気になれます。しかし、その反動もあるので、不動産売却ではぬか喜びをしないように冷静な判断が必要だといえます。実際、不動産売却の手続きを進めていますが、不動産業者の査定額に嬉しくなっていましたが、相手は営業です。仕事になるなら、査定を高く出すあざとい不動産業者もいます。最終的に、不動産売却では適正価格よりも低い額でしか売れないことにもなり、知人はそれで損をしたことがありました。また、不動産売却・購入、どちらにも言えるのは、提携業者からの営業がひっきりなしにかかることです。安易な考えでサイトに電話番号やメールアドレスを登録してしまったため、不動産売却ならうちに、購入なら良い物件ありますよといった営業メールや問い合わせる電話がかかってくることもありました。知人の場合には、高額で不動産売却ができると踏んで、仲介を受けた業者が高い利益のために営業をかけてきたようです。不動産売却・購入、どちらにおいても優良業者の見極めは必要だといえます。

Page Top