前へ
次へ

不動産売却した方が良い人の条件について

不動産売却をした方が良い人の条件について、紹介します。まず一つ目の条件は、現在使用していない空き家の物件を保有している場合です。人が住んでいない家は、きちんと手入れをしなければ家が傷んでしまって、不動産売却時の金額が下がる一方になってしまうからです。また、税金の面でも不動産売却した方が良いと言えます。空き家対策特別措置法が制定された事によって、手入れが行き届いていない空き家だと判断されてしまうと、固定資産税の住宅用地特例という処置が受けられなくなってしまうからです。この優遇処置が受けられなくなると、固定資産税の金額は高くなり、ますます費用が掛かってしまうことになります。二つ目の条件は、周辺に優良な不動産があって競争相手となってしまう場合や、田舎などの価値が上がりにくい場合です。需要と供給の問題なのですが、これらの条件の場合は供給のほうが多いということになりますので、不動産売却価格は下がってしまうからです。このまま保持していてもメリットはありませんので、早期の不動産売却を検討した方が良いと言えます。このような条件に当てはまる場合は、不動産売却をぜひ検討してみて下さい。

Page Top