前へ
次へ

不動産売却を行うメリット・デメリット

マンションはマイホームなど不動産売却できる物件は多くあります。マイホームの場合、家族構成の変化などで家を買い替えたい場合に不動産売却できます。居住用財産の譲渡なら譲渡所得税を軽減できるメリットがあります。今住んでいるマイホームを売り出すので、引越しまでに新居を見つけないといけません。ダブルでローンを支払うケースもあります。投資用マンションで不動産売却をする人も多いです。マンションを一人で複数経営している人も増えています。投資用マンションは経費や税金がかかり、必ず利益が出るわけではありません。長期保有しても家賃収入が得られなくなったり値下がりリスクなどもあります。不利になれば早期に不動産売却することが良い選択肢にもなります。投資用マンションを不動産売却することで経費削減できます。資金を回収することで収益性の高い物件に再度投資もできるでしょう。その分、今後あるかもしれない収益機会を失うデメリットもあります。土地の不動産売却は、土地がどのように活用されているかで税率が変わります。居住用なら税率が安いですが、何も活用されてないと高くなります。更地なのに税金を余分に納め続けなければいけません。有効な活用手段がないなら、相続するか不動産売却するのも有効な手段でしょう。

Page Top